So-net無料ブログ作成

子音のないカタカナ表記を見ていると・・・ [カタカナ語]

日本の国が現存する国の中で唯一、開音節言語から閉音節言語に* 移行できなかった国家であることが分かる。

* 開音節言語から閉音節言語に: この世の中には開音節言語と閉音節言語の二つしかないと思います。開音節言語は言語のないところに最初にできる言語で、その開音節言語が発展・変化して閉音節言語に移行して行くのです。

私が知っている、開音節から閉音節への移行が行われた時期は二つあり、一つは開音節の表記法である線文字Bが廃れ24文字から成り立っているギリシャ文字が出来上がった、紀元前13世紀頃から紀元前8世紀頃のギリシャの暗黒時代の一つと、もう一つは20世紀前後のアフリカと南

太平洋における英語の普及である。これで地球上の日本を除く国家、民族は土着の開音節言語のみならずヨーロッパ言語のいずれかを話すようになった。アフリカでは最近始めから英語を国語とする国家が現れた。この国は宇宙の法則、要請に、人類の発展に叶った国家といえるのではな

いか、今は経済的に貧しいようだが。

な~っちゃって、上に書いたことは口から出まかせ、全くの出鱈目です。

  ◇

MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(現象)を二つ見つけた! (2014年4月追加)


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0