So-net無料ブログ作成

人類、すべて大自然(=宇宙=神)の子供/実践 私の実存主義講 座272回 [ことばと社会]


人類は、すべて大自然(=宇宙=神)の子供






日本語は開音節言語







世界はすでに閉音節言語に入っている






だから、ちょっと本気で勉強すれば英語が喋れる






日本語は即自存在の域を抜け切れないでいる







ただ唯一のものが天照して、世界を隈なく明るくしているのは、『AはAである』が通用する即自存在の世界そのものである







それが即自存在の精神なのである






日本は、どう生きようとしているのか







日本は、どこへ行こうとしているのか







・ここには、生物の原点がある。


コメント(8) 

どちらが自己主張の強い言語か?/実践 私の実存主義講座 第272回 [ことばと社会]


日本語では、自分のことを話すのに「私は・・」から話す人は殆どいません。


これは日本語の開音節言語のおおらかさと冗長性も原因だと思いますが、現代の情報の量と情報の流れの速さが止むを得ず、主語を省かなければならない状況を造っていると考えてなりません。


一方英語は話し手が主語を省くというのはまれなケースの様です。


それでも、英語はどんどん速くなっている。映画などは訳し切れないので、最近は超訳が多くなっ来てる様です。


英語の勉強にならないようになっている。


外国人向けのニュースやドキュメント番組の中で、日本語でインタビューを受け日本語で答えている被取材者のテロップに流れる英語訳が長くて、日本人には読み切れない英文が続くきます(被取材者の音声が抑えてある時など)


だからと言って超訳する訳にも行きません。


ところで、「私は」を殆ど言わない日本語と、「私は」を毎回のように言う英語とは、どちらが自己主張の強い言語だと思いますか。


一概に言えない処があると思います。


この問題には、「私は」をあまり言わない日本語の方が自己主張の少ない言語であり、殆ど毎回「私は」を抜かさない英語の方が自己主張が強い言語であると、一概には言い切れない処があると考えるのですが、いかがでしょう?


主語も無しに世界に発信するというのも、凄い自己主張だと思いませんか?


世界と日本は違うと思いませんか?


 


コメント(2) 

「現在」についての考察/実践 私の実存主義講座 第271回 [ことばと社会]


我々が日記を書く時、現在形で書いても極自然で、生き生き感じるのは、なぜだろう?











タグ:現在形
コメント(4) 

今日の同音異義語 大雪山の巻 [ことばと社会]


わたしのタイセツタイセツ山!










北海道はデッカイドーッ










(ヒント:インターネットテレビより)







タイセツ 大雪¹ heavy snowfall¹ 大切な² important² たいせつ taisetsu

コメント(0) 

今日の同音異義語 ダンガイ裁判の巻 [ことばと社会]


ダンガイ裁判所で罷免が決まったら、罷免された人は、最後にはダンガイから突き落とされるんだって。







オー怖!(ここだけの冗談)










(ヒント:インターネットテレビ)








ダンガイ 弾劾¹ 断崖² 団外 だんがい dangai

コメント(0)