So-net無料ブログ作成
ことばと社会 ブログトップ
前の10件 | -

今日の同音異義語 その2 詐欺の巻 [ことばと社会]

(アポ電話)


『貴女の口座から現金が引き出される気配がありますので・・、』





 

 *







毛生え




日本人の中にはイとエの中間の母音を発音することが出来る人もいる所為か、イとエ区別がつかないで聞こえる場合がある。







(ヒント:テレビ)







ケハエ 毛生え薬1 hair restorer2 気配2 sign or indication2 けはえ kehae


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 チュウシャの巻 [ことばと社会]

『難しいチュウシャで困ったことはありませんか』










(ヒント:ユーチューブ)







チュウシャ 駐車1 parking1 注射2 injection2 ちゅうしゃ chuhsha or chusha

 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 ニンジョウの巻 [ことばと社会]

『殿中でござる










ニンジヨウ沙汰は止めい!』









彼はニンジョウに厚い


He has a feeling heart.







(ヒント:テレビ)






ニンジヨウ 刃傷1 injury by knife or sword1 人情2 human nature2 にんじょう ninjou or ninjo





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生命とは・・?/実践 私の実存主義講座 第297回 [ことばと社会]

生命とはなんぞや?

What is a life?

 






生命とは「自発的な動き」である

A life is 'voluntary movement.'








若いほど活発である

The younger a life is, the more active it is.

コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ウィルスは即自存在の世界です/実践 私の実存主義講座 第296回 [ことばと社会]

ウィルスは即自存在です。










この宇宙には、即自存在の世界と対自存在の世界の二つしか無いことは書きました。










ウィルスには命がありますが、










即自存在の世界の生き物なのです。

コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 シンケンの巻 [ことばと社会]

刀剣女子の一人が由緒ある刀剣を持たされ感想を聞かれて










シンケンでしょ、持っただけですぐ手放したくなる感じです』










の様なことを言ってたよ。










アレレレ?











自分がシンケン?それとも刀がシンケン?










それとも両方がシンケンの掛言葉か?








(ヒント:BSテレビ)



シンケン 真剣1 sword1 真剣2 serious2 しんけん shinken



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 ワタシの巻 In the Case of 'I' [ことばと社会]

♪ 矢切の~ワタシ~~ ♪










♪親のこころに そむいてまでも♪










(切な~い~)ワ~タシ~で~す~~ ♪










(ヒント:創作)






作詞 石本美由紀

作曲 船村 徹

歌手 細川たかし


・・・


「みすて ない でね・・」

「すては しない よ・・」

きたかぜが ないて ふく やぎりの わたし

うわさ かなしい しばまた すてて

ふねに まかせる さだめ です


・・・



300px-Stele_Yagiri_no_watashi_Takashi_Hosokawa[1].jpg



ワタシ 私¹ me¹ or I¹ 渡し² ferry² わたし watashi

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 キンシの巻 [ことばと社会]

『・・こんな風に背中を丸めて本を読むのはキンシだ!』










(ヒント:インターネットテレビ)







キンシ 近視1 short-sighted1 禁止2 forbid2 金糸3 gold thread3 きんし kinshi

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本人は何辺に在るのか・日本人はどこまで行っても日の丸・制服が大好き/実践 私の実存主義講座 第293回 [ことばと社会]

日本人はどこまで行っても日の丸・制服が大好き。







その原因は、日本語が開音節言語から抜け切れてないからである。







開音節言語は言語の無いところに初めて出来る言語であり「AはAである」が通用する「即自存在」世界の根源的な事象である。








予め同じマス目が際限なく続く日本語の「原稿用紙」は「AはAである」が通用する「即自存在」世界の根源的な事象である。







一方、罫線(横線)しか無い英語の原稿用紙は「AはAであったとしか言えない」が通用する「対自存在」世界の根源的な事象に他ならない。






 

日本語のモノトーン性と日の丸や制服の一様性が日本人の心の中で共鳴し合うのである。







日本人にはこの陶酔感がたまらないらしい。







まさに自分たちが生のど真ん中にいるような感じがするのだろう。






日本人が最後に価値判断を下すのは感情に於いてであり、概念の世界に於いてではないのである。






*即自存在の世界とは:「AはAである」が通用する世界。‘chocolate’ を 「チ・ヨ・コ・レ・エ・ト」 と、子供の頃良く石蹴り遊びでした様に、几帳面に単調に分割し、「これは6音節の言葉である」とする世界。

*即自存在の世界とは:「AはAであった」としか言えない世界。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 チョウセンの巻 [ことばと社会]

『ここは〔町起しの意味で〕チョウセンの街だから・・』




















どっかの町の若者が言ってたよ










(ヒント:インターネットテレビ)







チョウセン 挑戦¹ challenge¹ 朝鮮² Korea² ちょうせん chosen

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ことばと社会 ブログトップ